健康食品で元気をサポート

健康から美容まで必要な成分がたっぷり摂れる

健康食品についてまとめます

健康食品のお話です

ひと昔前では考えられないくらい、健康食品ブームってますよね。

テレビのコマーシャルやインターネットの広告、街中の看板や専門マガジンなどなど。

ホント見ない日はないと思います

これに関しては良いことなのか?
悪いことなのか?

と考えちゃいますが、とにかく日本人の健康意識が高まってはいるの事実です。

ということは良いことなのかな。

私もこの健康ブームに乗っかって健康食品の効能や有効性なんかをまとめて、これは使える。

といった口コミ情報サイトを作りあげたいと思っており、ブルーベリーやプロポリス、DHAやビタミン、コラーゲン、ヒアルロン酸などなど。

ネタはたくさんありますから、情報には尽きないと思います。

あとは詳しく情報が載せられるかどうかというところですケドね。

健康食品をよく摂取する人ってどんな人
スーパーマーケットでも購入できる

健康食品とは、健康のために必要な栄養を補助する食品です。

現在では、薬局やコンビニエンスストアなどで簡単に購入できます。

では、健康食品を積極的に摂取する人とは、いったいどんな人達でしょう。

主に3つの傾向がありますので、ご紹介します。

1つ目は、美しくなりたいや健康になりたいと強く願う方です。
女性に多く、スーパーフードやスムージーなど流行の商品に敏感です。

2つ目は、食事が不規則でバランスが悪いと自覚している人です。
一人暮らしや、仕事の忙しい人で食事のバランスの悪さを健康食品で補おうと考えています。

3つ目は、病気の予防のためです。
中高年に多く、通販のサプリメントなどを利用していることが多いです。

健康食品を摂取する目的は様々ですが、年代を問わず多くの人々に利用されています。
健康食品の利用に関する消費者調査を実施

健康食品で足りていないビタミンの補助を

体の健康を保つために大活躍する成分が「ビタミン」です。

ビタミンと一口に言ってもいくつかの種類があることは多くの方がご存知でしょう。

全ての種類を毎日の食生活で満遍なく摂取することは難しいですから、栄養バランスの偏りが気になる方は健康食品を利用することをおすすめします。

健康食品にはさまざまな栄養素が含まれており、普段の食生活で補えない大切な栄養素が手軽に補えるようになっています。

数ある健康食品の中でも「マルチビタミンサプリメント」はとても良いです。

これひとつにたくさんのビタミン栄養素が含まれており、一粒で多くのビタミンが補えます。

栄養成分は食べて摂るほうが理想的ですが、準備する時間がないや食事の好き嫌いが多いなど、偏った食生活を送る方には、健康食品をおすすめします。

年齢にあった健康食品選び

健康食品と一言でいってもいろいろな種類や効能があるので、自分の改善したい症状や成長段階などの年齢に合わせて選ぶことでより大きな効果を得ることができます。

発育途中の子供なら骨を強くしたり体を丈夫にするためのビタミンやミネラルを含む食品

大人の女性なら冷え性や生理痛など体質を改善する食品

中年以降は肥満や生活習慣病を予防したりストレスに効く食品

高齢者には免疫力を高めたり老化を防ぎ体内の機能を維持する食品

などを上手に使い分けることで健康食品を役立てて期待する効果をしっかりと実感できるようになります。

噛む機能や消化機能、味の好みなども年齢によって変わってくるので適切な健康食品を選んで体調管理をしましょう。

健康食品である「たらこ」は皮膚炎などに効果あり
「たらこ」も健康食品なのだ

ご飯のおかずやお酒のおつまみとして人気の「たらこ」は健康食品としても知られています。

魚の卵なので栄養素が豊富で、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンEをはじめ亜鉛やカルシウムなどのミネラルも豊富に含まれています。

特にビタミンB2には、お肌の保護や粘膜を守るといった働きがあります。そのため、皮膚炎の予防につながって肝臓の働きもサポートしてくれます。

皮膚の活性化を増進させるナイアシンも豊富で、たらこ100グラムで成人女性が一日に必要な量をほぼカバーすることができます。

血行を良くする働きがあり、抗酸化作用のある成分も含まれています。

老化防止や免疫力を高める働きもあり、美容や健康と様々に働きがある食品です。

皮膚炎の予防以外の目的でも積極的に食べるようにしましょう。

アミノ酸を含む健康食品のすすめ

「たまご」から摂れる

「アミノ酸」をおすすめします。

これは「人の生命維持に絶対必要」とされる優れた栄養素で、体内でこの栄養素が不足すると様々な体調不調を起こします。

今現在、休んでも疲労感が残る、なぜか眠れない、大きなストレスを感じるなど、このような症状がある方は、体内でこの栄養素のバランスが崩れているせいかもしれません。

アミノ酸は体内では生み出せない栄養素です。

食品から補うことが必要になります。

代表的な食品は卵、牛乳、豚肉、牛肉、鶏肉、あじやかつおなどの青魚、しじみや昆布、いか、えびなどの魚介類、チーズ、ベーコン、蕎麦、大豆、さつまいも、しいたけ、とうもろこしなどが挙げられます。

これらの健康食品を積極的に毎日食べて疲れ知らずの体を作りましょう。

認知症やボケ防止のために健康食品を

もしかしたら自分はボケるかも、と想像するだけで嫌になりますよね。

本日は、このボケ防止や認知症の予防に関する健康食品についてお話します。

・水素 水素には「活性酸素」という体内の悪性活性酸素を排除する働きがあります

・オメガ脂肪酸 オメガ脂肪酸とは「アラキドン酸(ARA)・ドコサヘキサエン酸(DHA)・エイコサペンタエン酸(EPA)」のことを指しています

学習力や記憶力に大きな役割を果たしているのが、アラキドン酸とドコサヘキサエン酸でこの成分は年齢と共にその量が減少され、物忘れがひどくなったりするのです。

・プラズマローゲン 脳細胞の健康に働きがあります

アルツハイマーの原因は、このプラズマローゲンが脳内で減少して起こる病気とされています。

ですから、プラズマローゲンを摂ることで認知症の予防になると言われているのです。

今からでも遅くはありません。これらの成分がたっぷり入る健康食品を選べば間違いないことでしょう。

ラクトフェリンと生乳の成分について

生乳から摂れる乳酸菌が、美容や健康に良い効果があると大注目されています。

生乳には様々な乳酸菌が含まれていますが、とりわけ健康の改善のために効果的なラクトフェリンは日本人にとってなじみのあるものとなっています。

ラクトフェリンを体内に摂取することによって、便秘や下痢などの便通の乱れをスムーズに改善することができるといわれています。

ラクトフェリンを用いた健康法については、あらゆる年代の人々からの人気が高まっており、今や雑誌やテレビなどで取り上げられる機会が増えています。

ラクトフェリンを長期間にわたって摂取する場合であっても、副作用や後遺症などに悩まされる心配が一切ないことも人気の秘訣として挙げられます。

そして、女性におすすめ情報があります。

痩身効果のあるラクトフェリンについて、日本国内ではいろいろなダイエットの方法に挑戦をしている若い女性が目立っています。

痩身効果のあるダイエットの方法はそれほど多くはありませんが、くれぐれも健康にダメージを与えないものを選択することが大切です。

そうした中、ラクトフェリンを用いてダイエットに励む女性がここ数年の間で増加しています。

ラクトフェリンの持つ痩身効果については、雑誌やテレビなどで紹介されることが増えてきており、毎日忙しい生活を送っている女性にとっても心強い存在となっています。

ラクトフェリンの含まされている健康食品はコンビニエンスストアやディスカウントストアなどの店頭に置かれていることもあり、今後もさらにニーズが高まってゆくことが予想されています。

ファッションモデルも愛用しているラクトフェリン ラクトフェリンは、乳酸菌のひとつです。

その美容効果について魅力を感じる女性が増加しています。

ラクトフェリンの含まれているドリンクやサプリメントをファッションモデルなどが愛用していることもあり、本格的に健康対策や美容効果に励みたい場合には持ってこいとなっているのです。

全国のおしゃれや美容に関心を持つ多くの女性からの支持が集まっています。

ラクトフェリンを長期間にわたって摂取することによって、腸内環境を上手く整えることができたり、さらには全身の免疫力を改善することもできるといわれています。

ラクトフェリンの効果は腸で発揮されます

ラクトフェリンは、腸に届くことによって、その効果を発揮するということが知られています。

生後間もない赤ちゃんでは、胃酸の分泌が少ないため、きちんと届くのですが、大人の場合はなかなかそうはいきません。

大人の体内では胃酸の力が強力に働くため、ラクトフェリンを胃で分解してしまうのです。

そのため、残念ながら到達する前にその効果はなくなってしまうのです。

そこで、きちんとした効果を得るためには、植物由来の天然のラクトフェリンの摂取はおすすめできません。

分解されてしまっては摂取する意味がなくなってしまうからです。

効果を得るためには、腸まで成分が行き届くように研究されて加工されたサプリメントから成分を摂取することが良いでしょう。

では、赤ちゃんはどう摂るかと言うと「母乳」から得ることができます。

ラクトフェリンは母乳に多く含まれている成分なのです。

ラクトフェリンは最も強力な抗ウイルス及び抗菌物質で、母乳に多く含まれているたんぱく質の一種であります。

鉄分が結合されたタンパク質であり、吸収された鉄と結合して雑菌の繁殖に必要な鉄の供給を遮断し、結合した鉄は体内のすべての細胞に酸素を供給する触媒作用をします。

動物細胞の健康や成長などをサポートしたり、また体内に侵入したウイルス全てを吸収して除去することにより、ウイルスが他の場所に転移できないように遮断する役割をします。

様々な種類の細菌や病原菌を勝ち抜く抗体を持っており、抗炎症物質が含まれていない疾患の感染を予防してエイズ、慢性疲労症候群の治療や予防、自閉症などの脳損傷治療にも効果があります。

ラクトフェリンを用いたダイエット法

健康効果が高いタンパク質のひとつ「ラクトフェリン」。

健康効果が高いだけではありません。

この成分には痩せる働きがあると、多くの方がダイエットに利用しています。

このラクトフェリンという成分は、体内でコレステロールや中性脂肪の合成に関わる酵素に影響を与えることが知られています。また、ラクトフェリンは腸において、胆汁酸とゆるく結合します。

そして、胆汁酸との結合物が、悪玉菌の生成を防ぐことにより、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やすことができるのです。

腸内で活躍する善玉菌は、腸の中を健康に整える働きがあります。

その結果、多くの女性の悩みである便秘の解消につながり、体重を減らすことができるのです。

さらに、それだけではなく、血行を促進する効果をも併せ持っています。

血行を促すことで、新陳代謝をよくし、消費カロリーを増加することによって、ダイエット効果が得られるのです。

ラクトフェリンは胃の中に入ると、ラクトフェリシンRに変わる

高い感染防御機能を持つラクトフェリンは、出産後のママのおっぱいにたくさん含まれています。赤ちゃんはおっぱいからこの成分をたっぷり摂って、あらゆる感染から守られています。そして、赤ちゃんが口から飲んで胃の中に入ると、この成分は分解されて「ラクトフェリシンR」となります。 このラクトフェリシンRは元のラクトフェリシンよりも数十倍から数百倍の強い抗菌活性があり、ノロウイルス、病原性大腸菌、歯周病菌、ピロリ菌などに強い抗菌、抗ウィルス作用があります。

酵素の基礎知識:食物酵素は

今では、すっかり健康食品の一つとして定着しているのが酵素です。

体内にもともと存在していますが、年齢と反比例するように量が減っていきます。

その不足分を食べることで補うことができます。

食物酵素が多く含まれる食材は果物です。

パパイヤ、アボガド、キウイ、バナナ、マンゴーになります。

果物からの糖分は、太るイメージを持つ方が多いようですが、全く心配はありません。

果物の糖分は、体内に入ると脂肪になる前に消化されます。

生野菜にも食物酵素はたっぷり含まれています。

レタス、ニンジン、セロリなどです。

これらはサラダとして、食べる機会が多い食材ですね。

体を冷やす働きもありますから、食べる場合温かいスープと一緒に取るようにしましょう。

サラダ以外なら、生ジュースとして飲むのも良いと思います。

果物や野菜以外からも、酵素は簡単に摂ることができます。

おすすめは、多数の原材料を長期熟成させた万田酵素サプリメントですね。

万田酵素は、果実や根菜類、海藻類などから、厳選し選定した約50種類以上の原材料を使用した発酵健康食品です。

かんきつ類や野菜は自社農場で栽培し、それ以外のものは契約農家で栽培されたものを中心に使用するなどして、厳選しています。

また果物は余すところなく、実はもちろん、皮、種などもしっかり使用し果物の栄養をふんだんに閉じ込めています。

酵素を発酵させる際に、添加物や防腐剤を使用することで原材料の本来の成分が壊されてしまうため、万田酵素ではこのようなものを一切使用せず、熱を加えることもせず、自然発酵させます。

原材料一品ずつを2年間かけて樽に加え、さらに1年間かけ、3年以上かけて職人の手で管理し、長期熟成させています。

これにより、日常で不足しがちな様々な成分をバランスよく摂取できる酵素になっています。

酵素を知って健康に目覚めた これまでまったく健康について、意識していなかったのですが、この酵素のことを知ることで健康に目覚めましたね。

今では朝食べる物が、毎日果物といったメニューになっています。

酵素を食べると意識すれば、いろいろと食材は選べるので健康のために皆さんも食物酵素を摂るように心がけましょう。

「ベジーデル酵素液」でダイエットにチャレンジ

今、流行りの酵素を使ったダイエットにチャレンジ。

酵素を摂るだけで簡単に痩せるとは思っていませんが、インターネットの口コミではかなり評判が良いので気になりますよね。

そして、私が選んだのは「ベジーデル酵素液」、飲む酵素タイプで一番人気の商品でした。

飲んだ感想は、味はそんなに悪くないと思います。

断食とか書いてありましたが、私は食事を取りながら、少しづつ飲んでゆっくりダイエットしてます。

何か大きな変化があればいいなー。

DHA・EPAサプリは注目度が高い

DHAやEPAなどの魅力的な成分が含まれているサプリは、今や売れ筋の商品として扱われています。

健康意識の高い人々からの注目度も高く、人気サプリとして多くの方に利用されています。

また、こうした商品の効果を実感できるまでには、ある程度の時間が掛かることがあるため、我慢して使い続けるといった忍耐が必要となるでしょう。

ですが、3ヶ月間全く効果が感じられないなら、利用はヤメましょう。

ある程度の利用期間を自分で設けて、飲むほうが良いと思います。ヤメ時のタイミングは難しいところです。

DHAとEPAは、魚料理や健康食品から摂れます

DHAやEPAといった、この2つの健康成分は、魚の中にも多く含まれています。

ですから、食事の一品として、メニューの中に魚料理を取り入れると、毎日食べて体内に成分を補えます。

この場合、ひとつ注意があります。

魚を食べるなら「生」でお召し上がりください。

刺身です。
魚を焼いたり煮たりする料理ですと、魚に含まれる健康成分が全部飛んでしまいます。

ですから、成分を摂るといった目的なら生で食べなくてはいけません。

簡単に摂りたい方は、健康食品がおすすめです。

とくにサプリメントタイプは、摂りやすく人気で多くの方に選ばれています。

もしも、アレルギーの悩みを抱えている場合には、なるべく早いうちからDHAやEPAの成分の特徴をじっくりと理解することによって、将来的な身体の負担を最小限に抑えることが大事です。

そして、DHAとEPAは酸化すると効力は落ちると言われています。

DHAやEPAなどの成分は、酸化をすることによって、効力が落ちるケースがあるため、まずは適切な摂取方法を理解することが重要となります。

現在では、安全性の高いサプリメントなどを積極的に摂取する人が増えてきており、DHAやEPAなどの生活の中で不足しがちな栄養素をしっかりと体内に取り込むことが可能です。

また、このような成分の効果の現れ方については、人それぞれの体質や栄養状態などに左右されやすいことがあるため、常日ごろから万全な健康対策を立てることが肝心です。

その他、DHAやEPAなどの性質をきちんと把握することによって、多忙な現代人にとって、満足のゆく食事のレシピを検討することが出来るようになります。

DHAとEPAは脳の健康にも良い

生活習慣病の予防に効果がある健康成分が、DHAとEPAです。

脳を活性化させる健康にも役立ちます。 その脳を活性化させる働きから、うつ病やストレスの改善にも良いとされています。

魚の脂に多く含まれるDHAやEPAには抗酸化作用があり、心身のダメージを受けた部分を修復してくれる効果が期待できます。

また、脳内の神経伝達物質を調整、整える効果も期待できます。

さて、そんな体にいいDHAやEPAですが、過剰摂取すると副作用が出る恐れがあります。

この2つの成分には、血液の流れを良くする働きや血圧を抑える働きがあります。

この働きが過剰になり過ぎると、めまいや吐き気といった症状を引き起こしたり、血圧を下げ過ぎてしまう恐れがあります。

体にいいものだからこそ、適正量を守るとともに、医師から薬を処方されている場合は医師にしっかり相談しましょう。

血圧を下げる効果のつながりとして、この成分らには「コレステロール値を下げる」働きもあります。

ですから、数値が高いと診断された方は、DHA・EPAサプリメントで対策すると良いと思います。

DHAを摂ると、EPA体質になるなんて言われていますが、この体質に変化すると疲労回復が早くなります。お肌の調子も良くなり、覚えるといった記憶力も良くなるようです。

眼精疲労の回復も早くなるとか。この2つの成分は健康を維持する貴重な成分です。

生活習慣が乱れ、食生活のバランスも悪いと感じているなら、毎日摂るようにしましょう。

EPAには、生活習慣病を予防する働きがありますし、DHAには、善玉コレスレロールを増やす効果があるので、動脈硬化や高脂血症の予防になります。

必須脂肪酸であるDHA・EPAとは

必須脂肪酸とは、人間の身体に絶対に必要な脂肪酸類です。

これが無いと健康維持に支障が出るほどです。

それなのに、人間の体内からは合成できない成分です。

そのため、必ず食事から摂取しなければならないのです。

DHAとEPAは必須脂肪酸の仲間で、青魚に多く含まれています。

この2つはどちらも、血液がサラサラになるため、血流の改善や高血圧の抑制効果などの効果や、生活習慣病の予防効果などがあります。

DHAは、脳の健康に働く要素があります。

この成分が脳にたっぷり行き渡り、記憶力の健康が保たれています。

EPAは、アレルギー症状を抑える働きがあります。

花粉症の方におすすめです。

そして、必須脂肪酸には、お肌をきれいにする働きがあります。

アサイ―に含まれる必須脂肪酸の美肌効果が高いと言われているのです。

アサイーはスーパーフードとして大変有名で、美肌効果が抜群なのです。

それは、アサイーに含まれている必須脂肪酸が大きく影響しています。

必須脂肪酸は、それが無いと健康維持に支障が出ると言われるほど、人間の身体に必要とされる脂肪酸です。しかし、体内では合成できないのが難点です。

つまり必ず食事から摂取しなければなりません。

もし不足すると細胞膜を保護できなくなります。

すると、代謝不足になったり、老廃物が溜まったりします。その結果、皮膚に異常が出て、乾燥や肌荒れやニキビだけでなく、湿疹やアトピーなども引き起こされてしまいます。

しかし、アサイーには、フルーツには珍しく必須脂肪酸が豊富に含まれています。

そのため、美肌効果が大変期待されているのです。

必須脂肪酸が含まれているサプリに副作用はあるのか

「必須脂肪酸サプリに副作用はあるのか」をテーマに軽く説明しますね。

人の体で作ることのできない脂肪酸を必須脂肪酸と言います。

脂肪酸は脂質の成分で、グルセリンと結びついで中性脂肪を作っています。

脂肪酸には長さの長い物とか、短い物があったり、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸他の物質と反応しにくい飽和脂肪酸があります。

食事に含まれている高不飽和脂肪酸は、w(オメガ)3脂肪酸とw6脂肪酸とw9脂肪酸です。このうち、w3脂肪酸とw6脂肪酸が必須脂肪酸なのです。

w3脂肪酸とw6脂肪酸を食べる比率を1:2~4に保つことで、心臓の冠状動脈の病気や2型糖尿病や関節炎やアルツハイマー病になるリスクが下がると言われています。

食事の中に含まれる必須脂肪酸では副作用はありませんがサプリとして1日3g以上飲んだ場合、脳内出血などの出血が起きる可能性が増えます。

また、総コレステロールや善玉コレステロール(HDL)とともに悪玉コレステロール(LDL)も一時的にですが増える可能性があると言われています。

炎症とDHAとEPAと

「炎症」の主な原因は、細菌やウイルスが体内に入り、細胞を破壊するためです。

炎症を予防するためにDHAとEPAの成分が良いといわれています。

EPAはオメガ3脂肪酸が含む成分で、それが細胞などの免疫機能の改善を実現し、炎症を抑制させる栄養成分となります。

一方DHAは小さい発育盛りの子供の様な成長期の脳発育に必要な栄養となり、その摂取を行うと体内にある程度の期間、残留する性質を持っている成分です。

EPAの場合は失われやすい性質を持つため、常に摂取することで体内に一定の濃度に保つことが重要なポイントとなります。

それでは、炎症を防ぐためにどうやって身体に健康成分を摂り入れましょうか。EPAとDHAの摂取法は二通りあります。

先ず一つ目の方法ですが、食品から摂取するやり方です。

EPAとDHAは海の食材に多く含まれています。

お刺身でお馴染みの大トロ、うな重の素材として有名なウナギ、カキフライの材料であるカキなどに入っています。

魚介類は癖が強いですが、豊富な栄養素が含有されており、なおかつ低カロリーで美味です。

もう一つのEPAとDHAの摂取法ですが、サプリメントから得るやり方となります。

サプリメントならいつでも好きなタイミングで服用出来ます。

コストパフォーマンスも抜群です。

毎日確実にコツコツと魚由来の栄養素が得られますので、健康管理を真面目にしたい方々に適した方法となります。

睡眠不足解消は睡眠時間を知ることから

眠れない人のお役に立つような睡眠に関する情報をお知らせしたと思います。

睡眠不足で悩む方が多いようです。

睡眠時間は、人それぞれで満足度が違いますから、十分な睡眠時間の決まりはありませんね。よくいうのは「8時間睡眠」が基本的なベスト睡眠と聞きますが、何か曖昧です。

長い人なら8時間以上。短い人なら3時間未満。といった感じで、人によって満足いく睡眠時間というのはバラバラなのです。

平均睡眠時間は8時間くらいのほうが良いという目安みたいなことを言っているのだと思います。

あと、歳をとると平均睡眠時間は短くなります(だから、おじいちゃん、おばあちゃんって早起きなんですね)。70超えると5~6時間ぐらいで平気なんだとか。

現在、眠れない悩みを抱えている方は、自分が満足する睡眠時間を調べてみましょう。その満足する時間がわかったら、対策をすれば良いだけです。

インターネットで「睡眠不足の対処方法」と検索してみてください。

ものスゴイ数の専門サイトが出てきて、その中から選ぶのに困るくらいだと思いますから。

そして、そのほとんどと言っていいと思いますが、どのサイトでも対処方法は同じような内容のものなので「どれも一緒」と思うはずです。

ですから、どのサイトのどのような方法を選ぶかってことになります。

眠れない悩みが深刻なら片っ端から試していって自分に合う方法をみつけるようにすればいいと思います。

はじめからアイテム(睡眠薬やサプリなどね)に頼るのではなくて、できること、お金をかけないことからはじめてみるほうがいいと思います。

もしかしたら、眠れないのはお酒のせいかもしれません。

お酒の飲みすぎで眠れないということもあります。

毎日、晩酌する方は、その飲む量と飲む回数を調整しましょう。酒は健康に良いといわれますが、たくさん飲んではいけません。

リラックスするくらいの量に制限しましょう。

その飲む量に気をつければ、もしかしたら眠れない悩みが解決するかもしれません。

味の素グリナは評判が良い

優れた睡眠サポート力があると評判の「味の素 グリナ」についていろいろと口コミたいと思います。

このグリナというものは、眠りを助ける健康食品でスティックタイプのものなのです。

世の中には「眠れない」という悩みを抱えてる方が非常に多く、さまざまな睡眠不足解消グッズがあるのです。

その効果はそれぞれですが、このグリナという商品はインターネット上の口コミサイトで多くの方から支持されるものなのです。 絶対に効くなんて思わないでくださいね。

こういった健康食品は効き目に個人差があります。

でも、少しでも希望があるならと望む方はお試しありありです。

今後、この味の素のグリナについて、いろいろな情報を報告しますので眠れないという悩みがある方は参考にしてください。

では、さっそくですが、この味の素のグリナは通販でお手軽に手に入ります。

「しっかりと眠れない」
「しっかり寝たつもりなのに、疲れが残っている」
「朝がさわやかでない」
「忙しすぎて睡眠時間が十分取れない」

そんな人には眠りから3時間以内に訪れるレム睡眠の一番深い部分、深睡眠に到達する事で翌朝の目覚めがさっぱりとして昼間も眠くなりません。

このような効果を持つのが、アミノ酸の一種グリシンです。

グリシンは豚肉や鶏肉などの肉類、エビやホタテのような魚貝類、アーモンドのような豆類に含まれており、普通の食事をしっかり取っていると1日の摂取量は十分ですが、寝る前に食事をするわけにはいきませんし、深睡眠に到達するためには就寝前に3000mgのグリシンを飲む必要があります。

毎日、使用する事が大切で、飲まないと、翌日にその効果がはっきりとあらわれます。

そんな時は、自宅にいて通販を利用して手に入れるのも賢い方法の一つです。

このグリシンは、味の素(株)からグリナの名前で販売されており、味の素のサイトからも購入できます。

通販以外だと、店頭購入もできます。

味の素のグリナは、睡眠をサポートするサプリメントです。

不眠症で悩んでいる人や、睡眠が浅い人などに最適なサプリメントで、深い眠りに導いてくれます。

味の素のグリナの愛用者は100万人を超えており、愛用者の85パーセントが深い眠りを実感しています。

速やかに深い眠りに導いてくれ、スッキリとした目覚めで朝を迎えられます。

味の素のグリナは一流メーカーのサプリメントですので、全国のドラッグストアなどで店頭販売されています。

手軽に購入することができるので、睡眠で悩んでいる人は試しに購入してみることをお勧めします。

公式サイトを利用すると通販で購入することもでき、お得で便利な定期お届けコースを申し込むことも可能です。

ここからは、このグリナに含まれる成分についてご紹介していきます。

この商品は、グリシンやクエン酸、香料が原材料です。

グリシンが主成分で、この成分の別名が「睡眠アミノ酸」です。

何か心強くないですか?安心して眠れそうな別名がついています。

これは、加齢やストレスなどで失われていくとされる、深睡眠と呼ばれ、寝入ってすぐにあらわれる深い眠りの状態をすみやかに導いてくれる効果が期待されるものです。

味の素は、100年以上の長きに渡ってアミノ酸の研究や、睡眠の臨床研究を行っており、その過程で睡眠アミノ酸グリシンの発見に至っています。

食品にも含まれている栄養素でもありますので、1日1本を目安に寝る前に摂取することで、効果を実感できますので、試されてはいかがでしょう。

味の素のグリナは、1箱30本入りです。

味の素のグリナは、1日の疲れをすみやかに癒してくれる効果があります。

自然に深い睡眠に誘導してくれますので、ぐっすりと眠ることができて、これまでの睡眠薬のように「翌朝、起きるのが辛い」「寝起きにフラフラする」というようなことがありません。

眠りに関する様々な悩みにおすすめできます。寝つきが悪い、深く寝れない、寝たけど疲れが残る、毎日忙しくて十分な睡眠時間を摂ることが出来ないという方に、お勧めです。

「グリナ」は、1箱30本入りです。

毎日、就寝前に1本を水または、ぬるま湯でそのまま召し上がってください。

1箱で約1か月分ありますし「定期お届けコース」で注文すれば、さらにお買い得です。

抜け毛は健康を損なっているサイン

最近、抜け毛が多いな、と感じはじめたら、それは体に何かが起こったと思ってください。

頭皮は健康を損ないにくい箇所ですから、抜け毛が多くなったと異常さを感じたら、もうすでに何らかの健康を損なっているとお考え下さい。

抜け毛の原因は、生活習慣の乱れ、過度のストレス、しっかり睡眠が取れていない、頭皮のケアなどがあります。

これらに心当たりがないなら、自分では気づかない症状が出ているかもしれません、体調不良を感じたら、早急にお医者さんに診てもらいましょう。

早期発見できれば、大きな病状になる前に改善できます。

健康は年齢が若ければ若いほど、差ほど良さを感じにくいですが、年齢を重ねるとその貴重さがしみじみ湧いてきます。

体に異常が出てから対策するでは遅いです。

骨が健康であるためには

骨の健康には昔はカルシウム、しばらく前にはコンドロイチンなどの摂取が叫ばれていました。

さてでは実際にはどうかというと、実はカルシウム単独では解決できませんし、コンドロイチンはどちらかというと関節の軟部組織の悩み用といえるでしょう。

確かにカルシウムが大切なのは事実ですが、それ以上に大切なのがコラーゲンです。

コラーゲンはタンパク質の一種で全身の組織の基盤となっています。

骨においてはカルシウムを堅いコンクリートに例えるなら、それを繋ぎ留める強靭な鉄筋がコラーゲンとなります。

コラーゲンには柔軟性という特性があり、ただ硬いだけでは脆く崩れてしまうカルシウム等の成分を支えて補う重要な役割を持っています。

脆い骨を調べると欠乏しているのはカルシウムよりもコラーゲンである場合が多く見られます。

健康のためにコラーゲンの元となる良質のタンパク質を摂取することがとても大切ですが、高齢者の血液検査ではタンパク質などの栄養が欠けていることを表すアルブミンの低下が目につきます。

高齢者は野菜を中心に魚少々の質素な食生活をといわれますが、健康を考えればやはり良質の肉を適量食べて頂きたいものです。

内臓脂肪を減らすなら、食事と運動、生活習慣の見直しが必要

体に脂肪が溜まり、ダイエットに励む人がたくさんいます。

脂肪は、体のどの部位につくかによって呼び名が違います。

脂肪は2種類に分けられ、皮下脂肪と内臓脂肪と呼ばれています。

皮下脂肪は、皮膚の下にある脂肪で、体温の調整をする大切な役割があります。

また内臓を守る働きや、エネルギーを蓄える働きをします。

内臓脂肪は、内臓周りにつく脂肪です。

お腹がポッコリと出っ張るのは、この脂肪が原因です。

この脂肪は、痩せている人にも存在し、見た目では判断できません

特に男性に多く見られる症状で、この脂肪が原因になり様々な病気につながる要因になります。

内臓脂肪のほとんどは有害でしかありません。

必要な分以外は、できるだけ取り除きましょう。

関連する病気としては、糖尿病や生活習慣病などがあります。

中高年になると特に気になりだす症状です。

対策は、食事と運動、生活習慣の見直しが必要です。

中でも、運動は特に必要で、できれば毎日運動する習慣をつけましょう。

誰でも簡単にできるウォーキングはおすすめです。

はじめは無理しない程度にして、毎日1~2時間程度歩ければ良いです。

これは「有酸素運動」と言われ、内臓脂肪を減らすのに有効です。

残りの食事と生活習慣の見直しができれば、少しずつ健康体になります。

簡単に書きましたが、この3つを行動に起こし続けるのは非常に難しく、ほとんどの方が失敗し挫折します。

自分との闘いになり、成功者はほんの一握りです。

ですから、実行するならダメ元くらいの気持ちではじめてください。

コツとしては、一気に変えようとせず、少しずつ変えるくらいが丁度よく成功しやすいです。

健康のために内臓脂肪をできるだけ減らしましょう。

尿酸値が高い人へ、私からアドバイス

「尿酸値が高い」と言われた人のために、私の経験からお答えできるアドバイスをまとめてみました。

まず、この尿酸値が高いと、痛風や何らかの腎障害を引き起こす原因になります。

私は専門家ではないため、尿酸についてここでは簡単に説明します。

尿酸とは、プリン体が体内で分解され作られる成分です。

血液を通して、尿や便、汗として出されます。

数値が高いと言われた人は、プリン体を含む食品などの摂りすぎにより体内で尿酸がたくさん作り出されています。

結果、増えすぎた尿酸が血液の中で溶けきれず固まりになり、少しずつ関節に溜まります。

溜まった尿酸が、飲みすぎ食べ過ぎや運動などによって剥がされ、その時の痛みが通風の発作です。

私の原因は、食べ過ぎとお酒の飲みすぎでした。

私という人物の特徴を紹介すると、まず30歳以上の男性で太っています。

大量にお酒を飲むし、油っこい食事が大好きです。

仕事は、営業職のためストレスを半端なく抱えています。

どうです。私と似たような男性は多いのではないでしょうか?

こういった特徴を持つ人は、尿酸値が高くなる傾向があります。

今からすぐにでも、生活習慣を改善させましょう。

食生活の見直しや、運動をはじめるなどです。

細かいことは言いません!簡単にまとめると、痩せればいいだけです。

食事や運動の見直しは、結果的に体重が減り体内が健康体へ生まれ変わります。

要点は、プリン体の入る食品はなるべく取らないようにして、運動を毎日し、お酒はほどほどくらいの生活を1年続ければ改善されます。

私は、1ヶ月で1㎏以上は痩せると決めて、1年で15㎏のダイエットに成功しました。

食べる量とお酒の量を減らし、運動も週に2~3回の散歩をしました。

おかげさまで、尿酸値は一般男性の平均以下の数値になりました。

尿酸値はやる気になれば、その数値は落とせます。ガンバレ!

我々の健康を守ってくれる機関の情報
看護のお仕事とはいったいどのようなものなのか。