健康と睡眠の関係とは

睡眠不足を解消する方法はいろいろある

睡眠不足の解消法を伝授

カフェインをひかえよう

睡眠不足の弊害は大きいです。よく誤解されていますが、睡眠不足となるのは「睡眠時間が短い」場合だけではありません。睡眠には、「時間」の要素の他に、「質」の要素も関わってきます。「質」は「睡眠の深さ」のことです。長時間寝たはずなのに体がダルい、疲れがとれないという場合には、睡眠の「質」が足りていないのかもしれません。
睡眠不足の原因となるものとして、ストレス、食生活、生活リズム、運動不足、騒音、寝室が不潔、タバコ、カフェインといったものがよく挙げられます。カフェインについては、一般的には6時間程度効果が持続すると言われていますが、実は完全に効果が切れるまでには24時間以上かかる場合もあるそうです。カフェインはなるべく朝に飲むようにして、昼以降は飲まないようにしましょう。
これらの原因をなくすように心がければ、睡眠不足が解消される可能性は高いです。それでもダメなら、病院を受診してみましょう。

睡眠不足の解消に効く食べ物3つ

睡眠不足の問題を解決するのに睡眠を補うことだけがその解消法ではありません。
睡眠不足は食べ物でも解消することが期待できます。
脳をリラックスさせてあげることで睡眠不足の悩みを解消できる方法もあるのです。
牛乳はその脳のリラックスに最適な食品と言えカルシウムの栄養素もイライラ対策に有効です。
ホットミルクを寝る前に飲むことで安眠効果も期待できます。
パントテン酸の栄養素も効果があり食べ物ではたらこや干しシイタケ、レバーに含まれています。
睡眠不足に効果的なだけでなくパントテン酸は睡眠の質を高め疲労回復の改善にも努めてくれます。
肌荒れにも効果的ですので積極的にこの栄養素を含む食べ物を取り入れることで寝不足に最適な対処をとることができます。

睡眠不足の解消に効くツボ3つ

睡眠不足は集中力が低下したり、免疫力が低下して肌や体に良いことはありません。また、海外旅行などで時差ボケで合眠れない場合もあり、睡眠不足を解消するツボを知っておくことは良い方法です。 睡眠不足の解消に効果が期待できるツボは、百会、勇せん、労きゅうです。
百会は、頭頂部にあり、指で真下に向かってゆっくりと押すことで寝不足だけではなく、頭をすっきりさせる効果も期待できます。
勇せんは足裏にあり、第2第3の指の骨の間で窪んだところで、血行を促進して疲労回復につながる効果があります。自律神経の活動も助けます。
労きゅうは、後頭部にあり、首の付け根から2〜3cm程度左右にあり、髪の毛の生え際より少し上を刺激します。
労きゅうは掌の中心にあり、高まった気持ちを抑えます。自律神経が乱れると睡眠不足になり、この労きゅうを刺激することで高まった気持ちを抑えるため良く眠れるようになります。